飛行船ネットワーク株式会社

スターはファッションブランドの着方を教えてくれます

記事一覧

リンゴやコーンの廃棄物がシューズに パリ発の注目ビーガンブランド「ヴィロン」

图片描述

パイナップルやブドウ、リンゴなど、食糧廃棄物から作られた素材が今注目を集めている。大手フットウエアブランドが、環境へ配慮したサステナブルなシューズの開発に精を出す中、小規模なブランドも独自の方法で健闘している。パリ発のビーガンフットウエアブランド「ヴィロン(VIRON)」もそのひとつだ。同ブランドは、ベルギー出身のマット・ロンバート(Mats Rombaut)と、ドイツ出身で日本人とドイツ人の両親をもつユリアン・ローマー(Julian Romer)が2020年9月に立ち上げた。コーンやリンゴの残留物を原料とした植物由来の素材とリサイクルコットンで製品開発を行っており、価格帯は2万台前半~3万円台前半。立ち上げからわずか数カ月で「ドーバー ストリート マーケット ギンザ (DOVER STREET MARKET GINZA)」や、伊セレクトショップ「アントニオーニ(ANTONIOLI)」、カナダ発のECサイト「エッセンス(SSENSE)」、イギリスのセルフリッジ百貨店(SELFRIDGES)などで販売を開始した。ローマーにブランド設立の背景や素材へのこだわりを聞いた。


「動物の命を犠牲にせずに生産できる方法はたくさんある」

WWD:共同創設者である2人の経歴は?

ユリアン・ローマー(以下、ローマー):共同設立者のマットは、「ランバン(LANVIN)」や「ダミール ドマ(DAMIR DOMA)」でメンズウエアのアクセサリーデザイナーとして経験を積んだ後、13年にパリでビーガン素材を主原料としたフットウエアブランド「ロンバート(ROMBAUT)」を立ち上げた先駆者的存在だ。

私は、「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」「ヴェトモン(VETEMENTS)」などで14年間セールスとして経験を重ねた。フットウエアブランド「ボース(BOTH)」に勤めていた3年前に、同ブランドのコンサルティングを担当していたマットと出会った。お互いのサステナビリティに対するビジョンに共鳴し、「ヴィロン」のプロジェクトを始動した。マットがデザインや企画などクリエイティブな側面を担い、僕がビジネスを主導していいバランスが取れている。

WWD:ビーガンのブランドにこだわった理由は?

ローマー:ファッションのために動物を殺す必要性がないからだ。環境に配慮した持続可能性を理念に持つことはもはや義務だと考えている。発展途上国では、技術や流通面の問題で既存の方法を踏襲せざるを得ず、シベリアに暮らす人々は防寒性の高い本革や毛皮が生きる上で必要だろう。だがフランスを含む先進国では、動物の命を犠牲にせずに生産できる方法はたくさんある。畜産業から排出される温室効果ガスによる地球温暖化への影響を考えても、ビーガン素材以外は考えられなかった。

WWD:デザインで特に重視している点は?

ローマー:素材選びに最もこだわっている。レザー素材はコーンやリンゴの残留物を原料にし、キャンバス地は70%のリサイクルコットンと30%のビスコースで構成している。ほかにも、フランスの軍事用品の廃棄物をアッパー部分に使用してアップサイクルも取り入れていたり、ソールには70%のリサイクルゴムと30%の新素材のゴムを使ったりしている。素材はイタリア北部の工場で開発し、ビーガンフットウエアを専門とするポルトガルの工場で生産している。靴箱も100%リサイクルダンボールを使用し、梱包は最小限に抑えている。

WWD:数あるビーガンレザーの中から、なぜアップルとコーンを選んだのか?

ローマー:環境負荷の観点や価格帯、機能性を考慮して選んだ。「ヴィロン」は富裕層だけでなく、幅広い層をターゲットにしているので、リーズナブルな価格を実現するためにアップルレザーとコーンレザーが最良の選択だった。通気性や吸放湿性に優れた本革とは異なり、人工皮革やビーガンレザーは、レインブーツのように靴の中に湿気がこもりがちなのが弱点だ。だがアップルレザーの場合は、パウダー状の粒子が有機組織を生成するため、本革同様に通気性を保つことができる。

WWD:レザーへの加工処理はどのように行っている?

ローマー:素材となるリンゴは、イタリア北部で収穫され、リンゴジュースを製造する過程で出た皮や芯などの残留物がレザーとなる。それらを乾燥して粉末化し、ポリウレタンと混合することで、本革のように滑らかな質感のアップルレザーが完成する。ただ石油由来の素材が約20~30%程度含まれるため、この部分を植物由来の素材へと変えることが課題だ。